桜ひとひら恋もよう

平凡な一般学生を自称する主人公、仁科春太。
だがしかし、彼は初めてできた彼女が実は生き別れの妹だったという、
古今東西の恋愛物語で、すでに使い古された設定のような人生を送っていた。

そんな悲恋が癒えぬまま迎えた新しい春の季節。
春太が通う桑都学園は、北条学園への吸収合併の噂で持ち切りだった。

昨年、学園の創設者である理事長が急逝したことで、
絶対的なリーダーの求心力を失ってしまったこの学園は、
経営状態も悪く、今や風前の灯火という状態らしい。

合併先の北条学園は、学生を体罰で支配し、徹底的な点数至上教育を施しているという。
このままでは、生徒の自主と自立、そして自由を信条とする桑都学園の理念が失われてしまう……。

北条学園への吸収合併はもはや避けられず、既定路線という風潮――
しかし、そんな折、合併反対のビラを配る少女が現れる。

驚くべきことに、その少女――成本桜花は、
桑都学園の新理事長を自称するのだった。

誰も自称新理事長の言うことを信じない中、
春太は彼女の真に迫る姿に魅入られて思わずビラを受け取ってしまう。

こうして、吸収合併に反対するグループに参加したのは――

いつも傍に居続けてくれる幼馴染、高澤美綾。
桑都学園の自由を愛する生徒会長、水谷芳野。
春太に付きまとう謎すぎる新入生、初芝千歳。

さらに、合併先である北条学園の理事長の娘であり、生き別れの妹――上川紗矢。

今、とても初々しく、甘々としたボーイミーツガールが始まる。

DMM.com で購入する(体験版あり)