【バイノーラル・催眠】催眠悪戯姉妹【耳舐め・キス】

■お話

僕には二人の姉妹がいる。

態度と口がちょっと悪い、ギャルっぽい妹の小夜(さよ)。
口調は丁寧で理想のお姉ちゃんである涼子(すずこ)。

二人との関係は良好で、取り立ててなにかあるワケでもないごく普通の生活を続けていた。
そんなある日、妹の小夜が催眠がどうとか言ってきた。

【小夜】
「えー、つーことで。今からお兄ちゃんに催眠をかけていこうと思います。……あ、今嫌な顔した。」

【小夜】
「友達からね、本を借りたの。だからねー、やってみたくて。…………いーじゃん別にー、減るもんじゃないしさー。」

僕も退屈だったし催眠にはかからないと思っていたから、妹の誘いにのることにした。

だが、催眠にかからないとタカを括っていた僕は…………

DLsite.com で購入する