後輩風紀委員の裏風紀活動~不良先輩への絶対服従プログラム~

「つまり先輩は、ワルになりきれてないってことですよ。
 まるで、弱い自分を隠そうとしているみたい」

俺にしつこく付き纏ってくる後輩風紀委員の”花塚蒼”は、どこか嗜虐的な笑みを浮かべながらそう言い切った。

校内で札付きの不良である俺に、こんな風に遠慮ない物言いができるのはこいつくらいのものだ。
……舐められているのか?

俺を中途半端だと嗤ったな……?
いいや、そんなはずはない。俺は弱くない、中途半端などではない。
誰にも支配されない、ゆえに自由、ゆえに不良。

だからこそ、それは必然だったのかもしれない。

「だから言ったじゃないですか。取り返しのつかない事態になるって♪」

よってすべてが壊される。
安いプライドも、薄っぺらな自尊心も、すべて……そう、すべて。
飴のようにドロドロに溶かされていく。

「ね、だから先輩? このまま私に屈服しちゃってください♪」

「女の子にくすぐり犯されて、負けちゃえ♪」

――もはや、逃げ場は、どこにもない。

DLsite.com で購入する